八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「石垣島を平和の象徴に」 記念式典で世界へ発信

笑顔で平和の鐘を打ち鳴らす在日大使館関係者と児童=10日午前、世界平和の鐘鐘楼

笑顔で平和の鐘を打ち鳴らす在日大使館関係者と児童=10日午前、世界平和の鐘鐘楼

開会アトラクションの後、記念撮影に応じる駐日大使や関係者ら=10日午前、市民会館大ホール

鐘設置30周年

 世界平和の鐘設置30周年記念事業「ピースベルアイランド・イシガキ2018~石垣島から世界へ、ワールドピース」(同実行委員会主催)の記念式典が10日、新栄公園内の鐘楼前で行われた。招待に応じた日本を含む17カ国・1地域・1国連機関の特命全権大使や関係者らが地元の小学生らとともに平和の鐘を響かせ、実行委会長の中山義隆市長が「人口5万人が住む小さな石垣島から世界へワールドピース」と平和宣言を行った。

 式典には地元関係団体の代表らを含め約200人が出席した。

 大使を代表して駐日サンマリノ共和国特命全権大使のマンリオ・カデロ氏は「大使ら皆さんは東京や母国に帰って、平和の鐘がある石垣島を発信する重要な任務がある。平和はお金では買えない、創るものだ。戦争に勝者はいない、すべて敗者だ。平和が幸せへの道。石垣島を平和のシンボルにしなければならない。私たちもサポートすることを約束する」と述べた。

 中山市長は事業の目的を紹介しながら「設置30年を経て再び式典ができることは光栄」と述べ、実行委副会長の平良秀之市議会議長は「平和の鐘を縁に皆さんと友情を深めることができた。この友情をいつまでも大切にして平和の心を発信しよう」と呼び掛けた。外務省沖縄担当特命全権大使の川村裕氏の祝辞もあった。

 平和行進として市内8小学校の児童48人が大使らを平和の鐘までエスコート、息を合わせて鐘を打ち鳴らした。

 中山市長が平和宣言文を読み上げた後、カデロ氏は立会人として署名、出席者全員で宣言内容を共有した。

 式典に先立ち、市民会館大ホールで開会アトラクションが行われ、石垣第二中学校吹奏楽・マーチングバンド部、市出身シンガー・ソングライターの成底ゆう子さんがそれぞれ演奏を披露した。

 式典後、南の美ら花ホテルミヤヒラで交流昼食会があった。

  • タグ: ピースベルアイランド・イシガキ世界平和の鐘
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム