八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

生産物即売会が盛況 八重農

グリーンライフ科の菌床シイタケ栽培キットをはじめ、多彩な生産物が販売された八重山農林高校の生産物即売会=9日午前、同校

グリーンライフ科の菌床シイタケ栽培キットをはじめ、多彩な生産物が販売された八重山農林高校の生産物即売会=9日午前、同校

シイタケ栽培キットも販売

 農業生産物や加工品などを販売する八重山農林高校(山城聡校長、生徒255人)の生産物即売会が9日、同校であり、初めての販売となる菌床シイタケ栽培キットのほか、精肉加工品や焼き菓子、草花など多彩な商品を買い求める人でにぎわった。

 生産物即売会は、「農業祭」と「花と緑と食のまつり」に並ぶ三大行事で、3年に1度開催している。この日はあいにくの雨にもかかわらず大勢の市民が訪れ、同校の農業教育や活動の一端に触れた。

 このうちグリーンライフ科は、昨年度から取り組んでいる菌床シイタケの栽培キットを60個用意。昨年度の農業祭ではシイタケ60袋を販売して開始15分程度で完売した経験から、今年度は普及も兼ねて栽培キットを売ることに。同科バイオコースの2年生を中心に、夏休みから約4カ月間、培地づくりや滅菌作業などに励んできた。

 会場では、シイタケがたくさん付いた培地を展示したり、栽培の仕方を動画でPRしたりして、来場者の購買意欲をかき立てた。バターじょうゆで味付けした同校産のシイタケを食べたことがある同コース2年の﨑原聡一朗君(17)は「市販のものと比べてよりおいしかった。取れたて新鮮で、安心安全なシイタケを手軽に栽培できることを知ってもらいたい」と語った。

 ことし3月に横浜市から石垣島に移住し、娘の美紅さん(11)と初めて即売会に来たという松村綾子さん(52)=石垣市川平=は「各学科でさまざまなものを売っていて、生徒が生き生きしていた。育てて作る過程が分かってすごくよかった。どれもこれも欲しくなるような上等な出来栄えで感動した」と感想。シイタケ栽培キットや精肉加工品などを買ったという、美紅さんは「キノコが好きで育ててみたいと思った。どんな風になるか楽しみ。豚バラ串は油がさっぱりしていておいしかった。また来たい」と笑顔で語った。

  • タグ: 八重山農林高校即売会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム