八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

夢のある西表の将来提言

西表島の将来について提言する児童ら=7日午後、竹富町議会議場

西表島の将来について提言する児童ら=7日午後、竹富町議会議場

町議会で発表会
上原と大原小の5年生

 2018年度沖縄離島体験交流促進事業の町長提言発表会が7日午後、竹富町議会議場で行われ、上原(14人)、大原(7人)の小学5年生計21人が西表島の将来について「動物と人間が安心して過ごせる病院」「海中道路と星空パーク」「島の魅力を最大限に生かした遊園地」などをテーマにした夢のある提言を行った。与那国町でも比川小の児童が行った。

 上原小は7月に石垣市伊原間、大原小は11月に宮古伊良部島で、それぞれ他の離島児童と交流を図った。

 上原小Aグループの児童は、人と動物の診察室や診療科が同じフロアにある病院を提案、地下には生き物と触れ合うスペースも。地元の食材を使った飲食コーナーやカンムリワシなど固有種の観察フロアも設け、入場料や売上金を自然保護に活用するという内容。

 Bグループは、雄大な星空を生かした天文台や星空カフェ建設を提案。発表者は「海中道路を通ることでイリオモテヤマネコの交通事故を減らし、海の生き物や景色を楽しむことができる」と自信を見せた。

 大原小が紹介した遊園地には、ロープウェイで森や滝など自然を楽しんだり、ピナイサーラの滝にジェットコースターを造ったりと、子どもならではのアイディアが詰まっていた。

 西大舛髙旬町長は「できるだけ皆さんの思いに応えられるよう、竹富町だからこそできる町づくりをしたい。素晴らしい提言をありがとう」と感謝した。

 同事業(離島版)は2015年に始まり、県内離島の児童が講演や農漁業、民泊を体験することで自分の島と向き合い、魅力を再発見することでふるさとへの誇りを育み、将来の「UJターン」につなげる目的で実施されている。

  • タグ: 町長提言発表会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム