八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与那国町のある居酒屋で数年前、麺だけのラーメンを売りにする…

 与那国町のある居酒屋で数年前、麺だけのラーメンを売りにする「んなラーメン」のメニューを発見して以降、たびたび、子どものころを思い出す。「んな」は空、空っぽという意▼祖母は、具の少ないみそ汁を「んな汁」と嫌い、つくるときはいつも決まって具だくさんみそ汁。汁が極端に少なく、まるで煮物。ヘチマの汁は、もうおかず。これが昔からの食習慣だったのだろう▼飽食時代に生まれ育った筆者は、文句たらたら。汁物は、食べるものではなく、ご飯やおかずを流し込むもの、飲み物、口直し、という感覚。だって食べ盛り。ご飯がすすむ、ガッツリ系のおかずがほしかった▼そのうち祖母は料理をしなくなったが、祖母の味として思い出すのは、やはり具だくさんみそ汁。今では悪かったと後悔しつつ、具だくさんを好んでいる▼かつお節などでだしをとれば、塩分を控えることができ、野菜や豆腐、キノコ類など数多くの食材を1度にとることができる。油の多いおかずも減ってダイエットにもいい▼野菜に豊富に含まれるカリウムには、体内の余分なナトリウムを尿といっしょに排出する働きがあり、血圧の上昇を防ぎ、血中コレステロールや血糖値を下げる効果もあるという。発酵食品のみそにも効能がある。理にかなっていたのである。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム