八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

交通事故 過去最悪に イリオモテヤマネコ

交通事故で死んだイリオモテヤマネコのオスの幼獣(西表野生生物保護センター提供)

交通事故で死んだイリオモテヤマネコのオスの幼獣(西表野生生物保護センター提供)

8件目、県道に幼獣死骸

 5日午後6時40分ごろ西表島西部の干立近くの県道で、交通事故死したイリオモテヤマネコのオスの幼獣が発見された。今年に入り交通事故は8件目で、過去最悪だった2016年の7件を上回った。去る11月27日に西表野生生物保護センターと竹富町がヤマネコの交通事故に対する非常事態宣言(4回目)を発令した直後の事故で、関係機関では、目撃情報の多い地点を中心にアンダーパスの清掃や、運転者の視認性を高めるための路肩の草刈りなどを行い、交通事故の再発防止を図る方針。目撃時の連絡と法定速度を守った運転も呼び掛けている。

 事故死したヤマネコはオスの幼獣(体重1540㌘、全長64・8㌢)で、外傷や骨折などは確認されなかった。

 西表自然保護官事務所によると、5日午後6時40分ごろ、白浜在住者が勤務先の上原から帰宅途中に発見。連絡を受けたヤマネコパトロールの関係者が確認、記録した。

 回収した個体は、専門家による詳しい死因究明のための病理検査、寄生虫検査などを実施するため、鹿児島大学共同獣医学部獣医学科に移送される予定。

 ヤマネコの交通事故は、記録が残る1978年以降87件目で、うち81件で死んでいる。ことしは事故8件、6頭が死んでおり、7件、7頭が死んだ2016年を上回り、過去最多となった。

 今年は、今回の事故を含め西部地区での事故が5件と多発。大見謝、サキンダの2件を含めほとんどが西部・北西部での事故。

 同保護センターでは、ヤマネコを目撃した場合、早めの連絡を求めているほか▽出没多発場所に注意▽行動が活発化する夕暮れや夜明けの時間に注意▽速度(法定速度の順守)に注意▽事故の連絡—を呼び掛けている。

 傷病および死んだ個体発見時の連絡は、西表野生生物保護センター(85ー5581)。夜間はヤマネコ緊急ダイヤル兼用、事故やけがは24時間受け付けている。

  • タグ: イリオモテヤマネコ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム