八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県内初の「市星」制定へ 石垣市

県内自治体で初めて星をシンボルとした「市星」制定の協議を始めた石垣市の星選定委員会=6日午後、市役所庁議室

県内自治体で初めて星をシンボルとした「市星」制定の協議を始めた石垣市の星選定委員会=6日午後、市役所庁議室

選考委、候補星の選定開始

 県内の自治体で初めて星をシンボルとする「市星」の制定に向けて、石垣市は6日、石垣島の星空に詳しい有識者らで構成する「石垣市の星選定委員会」(委員長・漢那政弘副市長、委員9人)を立ち上げて候補星の選定を開始した。委員からは八重山を代表する星座「南十字星」を推す意見が多かったが、選定委が複数の候補星を選考後、市民から意見を募って最終決定する方針を決めた。

 市は昭和52年10月に市制施行30周年事業の一環として、市花「サキシマツツジ」、市木「ヤエヤマコクタン」、市魚「ハマフエフキ」、市蝶「オオゴマダラ」、市鳥「カンムリワシ」、市貝「クロチョウガイ」の六つを市のシンボルとして制定。今回の市星で七つ目となるが、委員によると自治体が星を制定するのは全国にも例がないという。

 この日は委嘱状の交付後、八重山で観察可能な88星座中、84星座の紹介や天体と関連した民話が説明された。

 選定する星については群星などを問わないことから、委員から「天の川」や、むりかぶしの愛称で親しまれている「すばる」などの意見もあり、2回目の協議で複数の候補星を決めることを確認。

 協議は来年2月まで3回行い、市長への答申を経て3月議会に上程する計画だが、同7月10日の市制施行日に合わせた発表も想定して選定作業を進める。

 委員長以外の委員は次の各氏。

 ▽副委員長=通事安夫(八重山星の会)▽委員=石垣繁(市史編集委員)、新崎善國(県立石垣青少年の家)、花山秀和(国立石垣島天文台)、友利始夫(伊原間中学校)、上野貴弘(星空ツーリズム㈱)、大得英信(市企画部)、大嵩久美子(市観光文化スポーツ局)

  • タグ: 市星
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム