八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

思い伝え、一歩前進

 ▽…辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票をめぐり、「辺野古」県民投票の会と与党市議との意見交換会。違法性をめぐる議論で反発も招いたが、元山仁士郎代表は終了後、「どう受け止めたか分からないが、議員の疑問に答えることができたと思う。私たちも見解や思いを伝えることができた。一歩前進だと思う」と前向きだった。

 ▽…開所から122年の記念日に、世界気象機関から国内初の「百年観測所」の認定を受けた石垣島地方気象台。地域から「テンブンヤー(天文屋)」として親しまれてきた気象台が今度は世界から親しまれそうだ。岩崎卓爾第2代測候所長の銅像前に設置されたプレートを岩崎氏も喜んでいるように見えた。台風銀座の八重山の気象観測は一苦労だが、次の100年に向けた観測に期待したい。

 ▽…8日に京都外国語大学で開かれる全国高校生中国語スピーチコンテストに、県代表として初出場する八重山商工高校情報技術科2年の波照間巧海君と商業科観光コース2年の上地海春さん。練習風景を取材していると、波照間君は課題文、上地さんはノートに発音や表現の注意点がびっしり。日々の努力の跡が見えた。目前に迫った大会に向けて最後まで諦めず、納得のいく発表を。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム