八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

陸自住民投票の実施を 求める会

1万5135筆の署名簿(左)を提出し、地方自治法に基づく審査を求める石垣市住民投票を求める会の渡久山修副代表ら=4日午後、石垣市選挙管理委員会事務局

1万5135筆の署名簿(左)を提出し、地方自治法に基づく審査を求める石垣市住民投票を求める会の渡久山修副代表ら=4日午後、石垣市選挙管理委員会事務局

署名1万5135筆超提出

 石垣市住民投票を求める会(金城龍太郎代表)は4日、地方自治法に基づき、平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票の条例制定を求める直接請求の署名簿を、市選挙管理委員会(辻野ヒロ子委員長)に提出した。2日まで署名簿を回収した結果、署名数は全有権者(12月1日現在3万8799人)の約4割に当たる1万5135筆に達した。同法が規定する50分の1の署名数775人(9月20日時点)を上回るのは確実な情勢となっている。

 市選管は20日内となる23日までに、署名と選挙人名簿登録者を照合して署名総数を確定し、7日間縦覧した後、求める会に返付する。これを受け、求める会は本請求の手続きを行う。中山義隆市長は本請求の受理から20日以内に議会を招集しなければならないため、1月中にも臨時議会が開かれる可能性が高い。

 中山市長は記者団に「50分の1は確実に上回るので議会上程を含め作業を進めたい」と述べた。

 金城代表らは同日夕、県庁記者クラブで会見し、「署名運動をきっかけに島民全体で考える大きな動きが島全体に広まった」と振り返り、「島民の多くの人たちが住民投票を求めていることを実感した。私たちの選んだ市議会には市民の意図をくみ取ってほしい」と期待した。

 来年2月24日に行われる県民投票との同時実施を望み、「コストも抑えられ、投票率も上がる」と述べた。

 会見に先立ち、請求代表者27人のうち同会の渡久山修副代表(62)ら6人が市選管を訪れ、署名簿1895冊を提出、受理された。

 辻野委員長は「早めに審査を行い。できるだけ早めに返付したい」と述べた。市選管は6人で審査に当たる。

 署名簿とともに提出された住民投票条例案は、住民の意思を確認することを目的に、平得大俣地域での陸自配備計画に賛成か反対かを選択する内容。投票期日は、条例施行から60日以内の間に市長が定めるとしている。

  • タグ: 住民投票陸上自衛隊配備計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム