八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

残存。なくならないで残る。防衛省用語の…

 残存。なくならないで残る。防衛省用語の「残存率」とは、自衛隊員が戦闘で生き残る確率を意味するという。言葉のまがまがしさよ▼しかも、その戦場は石垣島である(1日付本紙)。自衛隊が配備された島に敵戦力が侵攻し、市街地など6カ所で戦車を使った戦闘により兵力が3割に消耗するまでシミュレーションした「南西諸島での将来における戦い方」の作戦分析。私たち住民は眼中になく、戦闘の巻き添えにされていく▼これが陸自配備の意味だ。何より防衛省そのものが2千人規模の部隊を配備してもなお、侵攻されることを想定している。すなわち「標的の島」である。守るべきは領土であって住民ではないという「軍の論理」も露骨だ。「自衛隊がいれば安心」論は、勘違いだったか▼現防衛大綱は水陸起動団発足や「島しょ奪回作戦」、オスプレイ配備を進め、次期大綱も空母いずも、F35B運用と南西シフトに連なる。島々を軍事肥大化の言い訳に使うな。勝手に戦場にするな▼残存率100%。住民の誰一人死んではならない。武力を備えず、用いず、戦わずして危機を回避する。それが国の務めだろう▼平成最後のベストセラーは「君たちはどう生きるか」。国境の島々に住む私たちはどう生きるか。住民投票請求署名の数がその答えだ。考えよう。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム