八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

7連覇への出発点

「史上初の7連覇」に向けて再出発という本大会を制し2連覇を果たした与那国チーム=2日、石垣市中央運動公園陸上競技場

「史上初の7連覇」に向けて再出発という本大会を制し2連覇を果たした与那国チーム=2日、石垣市中央運動公園陸上競技場

王者与那国、史上初目指す

 「史上初の7連覇に向けたスタート」と位置づけて臨んだ今大会。4年前に史上2チーム目の6連覇を達成したが、翌年、あと一歩で届かず、また一から再スタートとなった。

 結果が出て「ほっとした」と語る田島政之監督(46)。与那国島では、防災無線で駅伝中継を町民1700人が聞いた。

 選手の力を信頼していたが、最終16区、波照間エースの田島光に追い抜かれたときは、3年前に同区間のほぼ同じ場所で田島に抜かれて7連覇を逃したときの記憶がよみがえった。

 しかし、今回は最後に走ることは分かっていた。そのために全員が少しでも貯金をと、タイムの短縮に努めた。

 殊勲は、結婚や子育て期間を経て8年ぶりに大会に復帰した金井瑠都(38)。「全盛期の走り。大会前から誰よりも思いが強かった」とたたえる。

 「走りたくてうずうずしていた」という金井。11区でその思いを爆発させた。2位でタスキを受けると、あらん限りの力を振りしぼって抜き去った。

 「若手を育てないと。家族のサポートも力になった」と笑顔を見せた。

  • タグ: 八重山毎日駅伝競走大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム