八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

川平、前半初優勝目標立てた練習が成果

前半初優勝に輝いた川平チーム=2日午後、市中央運動公園陸上競技場

前半初優勝に輝いた川平チーム=2日午後、市中央運動公園陸上競技場

 前半は2位の西表に58秒差をつけて川平が初優勝。前回の悔しさをバネに、毎週水曜日のマラソンクラブ合同練習に参加するなど、中高生を中心に強化を図ってきた。

 前回の区間記録を基準に、選手に目標を持たせるよう意識してきたという島尻勝人監督(55)は「一人一人のやる気、意識の高まりが前半優勝につながった」と振り返る。

 今回は特に8区の喜屋武海周(24)が区間賞と最優秀選手賞、9区の島尻説仁(よしひと、16)が区間2位の走りで前半優勝に貢献。中学ではテニス部だった説仁は、チームの力になりたいと、高校では駅伝部に所属。「今後は区間賞を取りながら川平を総合優勝に持っていきたい」と意欲。

 一方、後半12位、総合8位の結果に、島尻監督は「一般のエースがおらず、育成が課題。今の中高生を鍛えて一般につなげていければまだまだ強くなる」と先を見据える。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム