八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

台湾では大抵の都市に大手コーヒーチェーンが…

 台湾では大抵の都市に大手コーヒーチェーンが進出し、都心部では空席が見つけられないほどにぎわっていることも。その一方で、若者が個性的な喫茶店を開くことも多い▼台湾へのコーヒー豆の輸入量は10年間で2・8倍伸び、2016年には3万㌧余りに達した。台湾のカフェブームは数字の上でも明白だ▼沖縄のカフェ8店舗が参加するイベントが先月、台北市内のカフェで開かれた。台湾でコーヒーが関心を集めていることを反映して、老若男女が集まった▼コーヒーを通じた台湾との付き合いは3年という珈琲屋台ひばり屋(那覇市)の店主、辻佐知子氏(46)によると、台湾では独創的なコーヒーが目に付くという。たとえば、ジンとかんきつ系フルーツの搾り汁を加えたコーヒー。「日本では、コーヒーにこだわると、ブラックコーヒーをいかにうまく入れるかという方向に行くが、台湾ではオリジナルな方向へ行く」というのが辻さんの観察だ▼「アレンジが多様で、自由度が高い」とも。辻さんのこの言葉、台湾におけるデザインのおもしろさやアートの独創性に通じるところがある▼イベントはコーヒーを通じて台湾と沖縄が交流することが目的。感性の相互作用は意外な化学反応を生み出すのだろうか。八重山も一枚かんでおきたいところだ。(松田良孝)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム