八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

招待者16カ国など35人

最終の第4回実行委員会で運営マニュアルなどを確認する委員ら=29日午後、市民会館中ホール

最終の第4回実行委員会で運営マニュアルなどを確認する委員ら=29日午後、市民会館中ホール

中国欠席、ピースベル実行委

 世界平和の鐘設置30周年記念事業ピースベルアイランド・イシガキ2018実行委員会(会長・中山義隆市長)は29日、最終の会議を市民会館中ホールで開き、運営マニュアル案を承認した。招待者は16カ国、1地域、1団体から計35人となっている。中国は欠席。

 同事業は12月9日に前夜祭、歓迎夕食会、同10日に記念式典、交流昼食会。夕食会以外は新栄公園世界平和の鐘鐘楼前で行う。 

 前夜祭は午後5時半の開演。鐘楼ライトアップ、キャンドルサービスなどが予定されている。

 式典は午前10時から。あいさつのほかコンサート、行進、鐘打、平和宣言など。

 実行委では各班の役割を確認した。

 協賛金は同日現在、62団体から計737万円。30日まで受け付ける。

  • タグ: ピースベルアイランド
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム