八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カンムリワシを放鳥

交通事故の傷から回復し、1カ月ぶりに空へ飛び立ったカンムリワシの「政宗(まさむね)」=27日午前、石垣市宮良の畑

交通事故の傷から回復し、1カ月ぶりに空へ飛び立ったカンムリワシの「政宗(まさむね)」=27日午前、石垣市宮良の畑

交通事故から回復の「政宗」

 石垣市白保の国道390号で交通事故に遭い、環境省石垣自然保護官事務所に保護されたカンムリワシ「政宗(まさむね)」は、約1カ月のリハビリを経て27日午前、市内宮良の畑で放鳥された。ことしのカンムリワシの交通事故(19日時点)は6件あり、放鳥は初。

 市民が10月25日に、国道390号大里バス停付近の歩道で、重傷のカンムリワシ(体重810㌘、全長52・5㌢)を発見。たまよせ動物病院で治療を受けた後、県傷病野生鳥獣保護飼養ボランティア施設のやいま村で、鳥類調査・保護団体「カンムリワシリサーチ」にリハビリを施された。

 片目が陥没しており、足には個体識別のため「P」の字が書かれた赤色のリングを装着している。同リサーチは「データ収集のために、政宗を見かけた際はカンムリワシリサーチに連絡してほしい」と情報提供を呼び掛けている。情報は佐野清貴代表(080ー6496ー6162)まで。

 同事務所によると、カンムリワシの交通事故死率は2016年から3年連続で8割を超え、ことしも6件中5件で事故死している。藤田和也上席自然保護管は「市街地を外れると速度超過で車を走らせる人も多いが、法定速度を守って運転してほしい」と注意を促している。

 石垣島でけがをしているカンムリワシや死骸を発見した場合は、同事務所(82|4768)か市教育委員会文化財課(83—7269)まで。

  • タグ: カンムリワシ放鳥
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム