八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

水道事業など学ぶ 島しょ国の担当者ら視察

水道事業研修に先立ち、石垣市役所を訪問する大洋州5カ国の研修員ら=26日午前、庁議室

水道事業研修に先立ち、石垣市役所を訪問する大洋州5カ国の研修員ら=26日午前、庁議室

JICA

 国際協力機構(JICA)沖縄の課題別研修コース「島嶼国における水資源管理・水道事業運営」に参加する大洋州5カ国の5人が26日、八重山で研修を開始した。28日までの3日間、石垣市と竹富町の水道事業を学ぶ。

 研修員はサモア、バヌアツ、ソロモン諸島、ミクロネシア連邦、パラオの水道事業担当者ら。現場実習、水源視察を通して、市と町が実施する緩速ろ過(生物浄化法)を用いた浄水方法について実践的な研修を受ける。

 研修開始に先立ち、JICA沖縄研修業務課の矢部優慈郎課長の案内で同日午前、石垣市役所を訪れ、対応した漢那政弘副市長や水道部職員らに日本語で自己紹介した。

 このうちパラオ公益事業公社事業計画課建設現場監督のキンタロー・ジョン・ジュリアーノさんは「研修で学んだことを国に持ち帰って活用したい」と意気込みを語った。

 対応した漢那副市長は「石垣市では緩速ろ過を用いており、皆さんの国でも役に立つことができると思う。地域に合った水道の政策、技術、課題について意見交換できれば幸い」と話し、5人に記念品を贈呈した。

  • タグ: 国際協力機構(JICA)
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム