八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

14団体が個性豊かな舞台 地区老人芸能大会

第40回八重山地区老人芸能大会を「モーヤー」で締めくくる出演者ら=25日午後、石垣市民会館大ホール

第40回八重山地区老人芸能大会を「モーヤー」で締めくくる出演者ら=25日午後、石垣市民会館大ホール

総勢139人が晴れ姿

 八重山地域の老人クラブが一堂に会し芸能を発表する第40回八重山地区老人芸能大会(八重山地区老人クラブ連合会主催)が25日午後、石垣市民会館大ホールで開かれ、石垣市11団体、竹富町3団体の老人会から総勢139人が晴れ姿で舞台に上がった。それぞれ誇りある伝統芸能や自慢の創作舞踊、愉快なダンスなど、個性豊かな演目を繰り広げ、観客らを楽しませた。

 芸能発表を通して生きがいづくり、健康づくりの助けとすることを目的に毎年行われている。ことしは与那国町と石垣島中部以北、西表からの参加がなかった。

 大会は、連合会役員の「鷲ぬ鳥節」で幕開け。小浜島ばあちゃん合唱団「KBG84」のメンバー含む小浜老人クラブ明朗会が、ジラーン(ジラバ)などの混声合唱でトップバッターを務めた。

 青春を思い出そうと高校の卒業式をイメージして白保老人クラブは学生服で踊った「丘の上の白い校舎」には、何度も会場から大きな笑いが起こった。

 大浜老人クラブ長寿会は東京五輪に向けて機運を盛り上げようと「2020東京音頭」を元気いっぱいに展開。黒島老人クラブは、ことしのカジマヤー祝いのために創作したデンサー節の舞踊を石垣島で初披露した。

 演目ごとに温かい拍手や笑いが会場を包み、最後は出演者全員のモーヤーで締めくくった。 

 運営委員会の那根元会長はあいさつで「老人は家庭の誇りであり、皆のかがみ。健康、生きがい、仲間、地域をつくり、老人がいる喜びを分かち合える地域にしよう」と呼び掛けた。

 八重山市町会副会長の西大舛髙旬竹富町長は「老人が健康で生き生きと生活することは、社会にとっても重要なこと。豊かな技能と知識を地域づくりに生かし、若い世代へ継承してほしい」と期待した。

八重山地区老人芸能大会写真特集

※pdfファイルが別ウィンドウで開きます。

  • タグ: 地区老人芸能大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム