八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

波照間再開めど立たず 県離島路線協

再開のめどが立っていない波照間空港=2016年8月撮影

再開のめどが立っていない波照間空港=2016年8月撮影

西大舛町長、早期打開を要望

 【那覇】2018年度沖縄県離島航空路線確保維持協議会(川満誠一会長、委員14人)が22日午後、県市町村自治会館で開かれ、空路での定期運航を目指す石垣ー波照間、石垣ー多良間、那覇ー粟国間の再開についてめどが立っていないことが報告された。県は今後、那覇ー粟国路線を一日2往復で運航させる条件で航空会社を探す。委員の西大舛髙旬竹富町長、伊良皆光夫多良間村長は「波照間、多良間路線も早期に再開してもらいたい」と強く要望した。

 協議会は非公開で行われ、事務局の県交通政策課によると、委員から路線再開に適合する航空会社として琉球エアーコミューター㈱(RAC)が挙がった。

 RAC側は、乗客定員50人乗りの航空機を保有し、滑走路が800㍍の粟国、波照間には降りられないと説明。仮に、ことし6月末で沖縄から撤退した第一航空(本社・大阪府)が保有する19人乗りの航空機を導入した場合、「新たな人員や予約システムなどのサービス水準の構築が必要で、人員が割けない」と理解を求めたという。

 県は引き続き、同協議会の下部組織にあたる検討部会で波照間、多良間線の再開についても検討を重ねていく。

 2007年12月以来、定期便の運航がなくなった波照間空港。波照間公民館の金武清也館長は取材に対して、海上の悪天候を避けるため出産を控える妊婦らが1カ月ほど前に石垣島へ渡り、費用や体力的にも負担を強いられているとし、「県は、第一航空の19人乗り機材の譲渡にこだわらず、滑走路を延長して航空会社を誘致してもいいのでは」と定期路線の早期再開を訴えた。

 15年12月、第一航空は波照間線の新規就航を決めていたが、同年8月の粟国空港での事故を受けて見通しが立たなくなった。同社は昨年12月、同協議会で18年度の運航赤字見込み額約2億6000万円の補助を提示したが、「過大」だとして認められず、ことし6月末に沖縄事業所を閉鎖し、現在に至っている。

  • タグ: 県離島路線協
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム