八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

部隊展開「適切な場所に」 防衛局

集まった住民らに、平得大俣への陸自配備について説明する防衛省沖縄防衛局の担当者(左奥)ら=21日夜、石垣市健康福祉センター集団検診ホール

集まった住民らに、平得大俣への陸自配備について説明する防衛省沖縄防衛局の担当者(左奥)ら=21日夜、石垣市健康福祉センター集団検診ホール

陸自計画で4地区説明会 反対住民不参加
駐屯地や市街地に宿舎予定

 石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、防衛省沖縄防衛局は21日夜、開南・於茂登・嵩田・川原の周辺4地区住民を対象に市健康福祉センターで説明会を開いた。反対住民が「既成事実づくり」として参加を拒否したため、出席者は住民ら11人にとどまった。防衛局は、有事の際の地対艦・地対空誘導弾部隊の展開について「島内の適切な場所」と説明した。29日には全市民を対象にした説明会を市民会館大ホールで開く。

 沖縄防衛局から4人、防衛省から3人が説明員として出席。「誘導弾は移動式の車両なので、反対派は島中を走り回ると言っているが、実際はどうか」と問われ、「そのときの状況に応じて行動することになり、どこに車両を配置するかは回答できない。島内の適切な位置に配備して対処していくことになる。市街地や住宅の隣などに配備することはない」と回答した。

 駐屯地内での発射台の場所については「車両の置き場所については決定していない」と述べるにとどまった。

 防衛局は質疑に先立ち、▽わが国を取り巻く安全保障環境▽石垣島への部隊配置▽陸上自衛隊の警備部隊、地対艦誘導弾部隊、中距離地対空誘導弾部隊▽施設配置案・概要—に加え▽環境への配慮▽宿舎の整備▽地域への貢献—について説明した。

 隊員の宿舎として駐屯地周辺に約30戸、市街地に約170戸の集合住宅を建設する計画を明らかにした。

 フロアから「大本小学校は児童が少ないので増やしたい。小学生のいる隊員が近くに来てくれるとありがたい」との要望を受け、「当然われわれとしても考慮して検討を進めるべきだと思う。宿舎の場所については市の意見もうかがって検討したい」と答えた。

  • タグ: 陸自計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム