八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「計画に反対、住民無視」 陸自計画

4公民館長(左側)の抗議に対し、従来の見解を述べる沖縄防衛局の伊藤晋哉企画部長(右)=21日午後6時ごろ、石垣市健康福祉センター

4公民館長(左側)の抗議に対し、従来の見解を述べる沖縄防衛局の伊藤晋哉企画部長(右)=21日午後6時ごろ、石垣市健康福祉センター

4地区公民館長ら抗議文

 沖縄防衛局の説明会に先立ち、周辺4地区の館長らは「ほとんどの住民は計画に反対、見直しを求めているが、それを無視して測量調査を始め、さらに造成工事の入札公告までしている。このような状況での説明会は住民の心情を傷つけるばかりで、既成事実づくりとしか受け取ることができない」とする抗議文を手渡した。

 開南公民館の小林丙次館長は「用地取得もしていないのに造成工事の入札公告を行うことは常識では考えられない。先に進めておいて、このタイミングで説明会を開催することに誰が納得するのか」と怒りをぶつけた。

 対応した沖縄防衛局の伊藤晋哉企画部長は「わが国の安全保障を取り巻く環境が厳しくなっており、配備を早く進めたいと手続きを進めている」と従来の見解を述べるにとどまった。

 小林館長は「あそこ(配備予定地)を通る水は、飲み水や農業用水として使われる。環境アセスをやるという話も聞こえてこない。配備ありきだ」「段階を踏んで着工するなら致し方ないと思うが、順番が違っている。誰も合意していない」と批判した。

  • タグ: 陸上自衛隊配備計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム