八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

一日の疲れをとり、翌日への活力を蓄えるのに大事…

 一日の疲れをとり、翌日への活力を蓄えるのに大事にしたいのが睡眠。時間もそうだが特に睡眠の質が大事だという▼その良好な睡眠を妨げるのが睡眠時無呼吸症候群(SAS)。聞きなれない言葉だが、寝ている間に呼吸が止まる病気だ。脳や体内の酸素が減り、これを補うため、寝ている間も脳や体が休息できず、強い眠気や倦怠(けんたい)感、集中力低下を引き起こす▼居眠り運転が、SASでない人の5倍に上るとの調査結果もある。読者の中にも身に覚えのある人はいるだろう。糖尿病や心筋梗塞などのリスクが高まるとも言われている▼そのSASは中高年や肥満ぎみの人に多いという。筆者の回りでも、筆者を含めそれらしき人がたくさんいる。睡眠時の呼吸停止は本人では自覚しづらいが、周囲からイビキを指摘される人は、疑った方がいいようだ。何度も目が覚める人、起きた時口が渇いている人も要注意だ▼SASの治療法として普及しているのがCPAP(シーパップ)。寝ている間に機械で気道に空気を送り続け、気道を開けておく方法。装着して寝ると熟睡できるため、出張に機械を持参する人も▼予防には適正体重の維持や寝酒を控えることなどが有効とか。いずれにしてもSASに心当たりの人は一度、病院で検査してみては。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム