八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新たに「ふるさと納税」枠 石垣島トライアスロン

再開後5回目を迎える石垣島トライアスロン大会2019に向け、あいさつする森兵次実行委員長=20日夕、市健康福祉センター第1会議室

再開後5回目を迎える石垣島トライアスロン大会2019に向け、あいさつする森兵次実行委員長=20日夕、市健康福祉センター第1会議室

一般、来月10日から受け付け

 2019年4月21日に開催される「石垣島トライアスロン大会2019」(同実行委員会主催・石垣市など共催)の第1回実行委員会が20日夕、市健康福祉センターで行われ、実行委を構成する関係機関が概要を確認した。

 大会は、18年大会(悪天候で中止)のコースと同様、スイム1・5㌔、バイク40㌔、ラン10㌔の総距離51・5㌔で行う。大会はスイム会場を南ぬ浜町人工ビーチに変更後、5回目となる。中止となった前大会申込者の優先エントリーを21日~30日まで受け付け、ツアー付きエントリーを21日から開始する。

 また、ことしから新たに優先エントリーできる「ふるさと納税」枠を30人分設けて12月1日~15日まで受け付ける。一般エントリーは12月10日からとなる。

 大会実行委員長で日本トライアスロン連合(JTU)の森兵次理事は「前回は大雨に見舞われてしまい残念だったが、今回は天候だけはよくなるよう願いたい。昨年のリベンジというつもりでしっかりと運営していきたい」とあいさつした。

 大会事務局は、16年から市の委託を受けて㈱SHIMANーCHU REPUBLIC(池淵功寛代表)が担い、八重山トライアスロン協会が主管する。

 大会役員は次の通り。

 ▽名誉会長=中山義隆石垣市長▽名誉副会長=比嘉幹郎沖縄県トライアスロン連合(OTU)名誉会長▽会長=岩城光英JTU会長▽副会長=大塚眞一郎JTU会長、宮城直久OTU会長、長浜信夫八重山郡体育協会会長

 ▽実行委員長=森兵次JTU理事▽実行副委員長=吉村安史八重山トライアスロン協会会長

  • タグ: 石垣島トライアスロン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム