八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

高校生が映画製作 島の問題解決策を提示

ドキュメンタリー映画の製作に取り組む石垣市公営塾の高校生ら=11月9日夜、大浜信泉記念館(石垣市公営塾提供)

ドキュメンタリー映画の製作に取り組む石垣市公営塾の高校生ら=11月9日夜、大浜信泉記念館(石垣市公営塾提供)

石垣市公営塾

 石垣市公営塾で学ぶ高校生20人余りがドキュメンタリー映画製作プロジェクトに取り組んでおり、「石垣島の活性化を目標に、この島の時の流れをたどり、過去・現在・未来それぞれの課題と向き合って、高校生の視点から解決策を提示していく」と意気込んでいる。12月5日に試写会を行う。各国の映画祭への出品や製作などに費用がかかるため、ネット上で不特定多数から資金を募るクラウドファンディングも開始しており、「多くの支援をお願いしたい」と呼び掛けている。

 生徒らは三つの班に分かれて製作。離島と医療をテーマに医療従事者へのインタビューを通して課題の解決策を提示する「島で生きていく」(予告編URL:https://www.youtube.com/watch?v=_ayIeu8Q200)、移住者と移住者を支える人、定住者との関係に焦点をあてる「よそもの海人」(予告編URL:https://www.youtube.com/watch?v=NuSdMU70Tjs)、島言葉の原点に迫り継承していく術を探す「消えていくスマムニ(消えていくしま言葉)」(予告編URL:https://www.youtube.com/watch?v=NuSdMU70Tjs)の3編で、それぞれ10分程度。

 生徒らは「石垣島を知ってもらうための手段として、国際映画祭に出品することを目標の一つとして活動してきた」としており、2018年11月と2019年1月、アメリカやイギリスで行われる三つの映画祭に出品する予定。

 クラウドファンディング「南の島の高校生から発信!~未来の私達のために~」(URL:https://motion-gallery.net/projects/ishigakijuku)は30万円を目標に今月15日に開始。12月27日午後11時が締め切りとなっている。

 支援への返礼は映画エンドロールへの氏名掲載、本編スペシャルDVD、石垣島の高校生おすすめスポットマップなどを予定している。

 試写会は12月5日午後7時から大浜信泉記念館。

  • タグ: 石垣市公営塾高校生が映画製作
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム