八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

夏日が終わりを迎える頃だ。涼風が心地よく

 夏日が終わりを迎える頃だ。涼風が心地よく島々に秋が訪れる。その秋の異称に「白秋」がある。「青春」から「朱夏」へ、「白秋」から「玄冬」へ。人生に例えれば秋は50代後半から60代だろうか。遠い昭和に比べ、平成末のこの年代は「朱夏」の残り香を漂わせて若い▼「生涯現役社会」という。定年で退いたシニアも70歳まで働いて、と国が号令をかける。狙いは労働力確保と社会保障費の抑制。はっきり言えば、シニアが働くと国は年金も健康保険も支払わなくてもすむ▼身をもって体験した。やっともらえるようになった年金が勤めに出て減額された。なけなしの年金、である。この国はせこい▼「女性が輝く社会」も「1億総活躍」も人手不足対策だ。なぜか上から目線、外国人労働者受け入れ拡大のための入国管理法改正もしかり▼「働く意欲」に応える社会保障の制度設計がない。子育て中の女性は働きたくても保育園と保育士が足りない。シニアが勤めれば国の給付費は減るけれど、外国人労働者が増えて給付増。あちこちでほころびがでる▼まさに「白秋」世代である。さりながら人生に定年はない。生涯現役を目指す人も後進を育む者も、畑に汗水流す者も孫守りも、人生いろいろでいいじゃないか。人の生き方、国があれこれ口をはさむな。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム