八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

声を挙げる重要さ学ぶ 女性の翼

県女性海外セミナーの研修報告を行う正面左から大道夏代さん、上盛厚子さん=15日午後、庁議室

県女性海外セミナーの研修報告を行う正面左から大道夏代さん、上盛厚子さん=15日午後、庁議室

県女性海外セミナーの研修について感想を述べる宮良りみさん(左)=15日午後、町長室(八重山女性の翼の会提供)

八重山から参加の3人
市長と町長に研修報告

 「経済政策からみる女性のリーダーシップ」をメーンテーマにした第35期県女性海外セミナー「女性の翼」で、米国シアトルとカナダバンクーバーで10月14日から8日間行われた研修に八重山から参加した石垣市教育委員の大道夏代さん(50)=真栄里=と看護師の上盛厚子さん(62)=大川=、畜産業の宮良りみさん(55)=黒島=が15日、それぞれ市役所に中山義隆市長、町役場に西大舛髙旬町長を訪れ、研修成果を報告した。

 このうちシアトルでは市長が女性で、議員も9人中5人が女性。シアトル女性委員会という団体が女性の視点から育児休暇など、さまざまな課題の解決に取り組んでいるという。

 大道さんは「女性が声を上げていくんだという頼もしさを感じた。女性の視点から自分の意見を述べ、男女共同参画社会の実現に寄与したい」と述べた。

 上盛さんは「市民レベルの問題をボトムアップで対策につなげている。自分たちも声を上げていくことが重要だと感じた。石垣市でも女性委員会があれば、問題提起できるのではないか」と提言した。

 宮良さんは「何よりも本当のリーダーシップとは、周りの人に夢を与えていける人のことだと思う。牛は一歩一歩進み、私たち女性はこつこつ進みましょう」と呼び掛けた。

 八重山女性の翼の会(小底弘子会長)は12月8日午後1時半から、宮良公民館で報告会を開く。

  • タグ: 女性の翼
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム