八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

修学旅行生が海保業務学ぶ 大阪市の昇陽高校

石垣海上保安部の最新大型巡視船「いらぶ」を見学する昇陽高校の2年生ら=14日午前、同船上

石垣海上保安部の最新大型巡視船「いらぶ」を見学する昇陽高校の2年生ら=14日午前、同船上

教育旅行受け入れ締結後初

 石垣海上保安部(花井宏泰部長)と第11管区海上保安本部石垣航空基地(植野明基地長)は14日午前、修学旅行で石垣島を訪れている昇陽高校(竹下健治校長)=大阪市=の2年生64人を対象に、最新大型巡視船「いらぶ」や基地の見学、業務講話などを実施した。

 ことし6月に一般社団法人八重山ビジターズビューロー(会長・中山義隆石垣市長、YVB)と、八重山教育旅行誘致委員会(親盛一功委員長)の四者で締結した「八重山諸島における教育旅行の受け入れに関する協定書」に基づくもので、締結後初めて。

 同日は来島中の同校2年生220人のうち、公務員チャレンジコース、特進コース、看護・医療系進学コースの64人が参加。海上での救助や警備などの現場映像を交えた講話や、設備見学を通して海保組織の業務を学び、進路選択の参考とした。

 山田千太郎君(17)=公務員チャレンジコース=は「中国の漁船から海を守ったり人を救助したり、とても大変な仕事だと感じた。僕は警察が第一志望進路だが、治安を守る仕事という意味では、海も陸も同じだと思った」と話した。

 YVBの濵田智佳子事務局長は「生徒のニーズの細分化に応え、多様な選択肢を提示できる形の修学旅行が増えてきている。海保の施設見学や業務講話も、八重山の修学旅行の魅力の一つとして定着させたい」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム