八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

美崎君が11管本部長賞

海上保安庁の灯台絵画コンテスト2018で第11管区海上保安本部長賞を受賞した美崎伊緒里君=9日午後、石垣港湾合同庁舎2階会議室

海上保安庁の灯台絵画コンテスト2018で第11管区海上保安本部長賞を受賞した美崎伊緒里君=9日午後、石垣港湾合同庁舎2階会議室

美崎伊緒里君の作品。黒島灯台を中心に島の自然が生き生きと描かれている(石垣海上保安部提供)

海保の灯台絵画コンテスト

 灯台150周年にちなみ、海上保安庁が全国の小中学校の児童生徒を対象に「灯台のある風景」をテーマに絵画を募集した「灯台絵画コンテスト2018」で、美崎伊緒里君(黒島小3年)が、第11管区海上保安本部長賞を受賞した。

 9日午後、石垣港湾合同庁舎で行われた表彰式で石垣海上保安部の花井宏泰部長から賞状が伝達された。県内から29点の応募があり、3点が同賞に選ばれた。

 美崎君の作品は、画用紙を縦に使い、黒島灯台を中心に据え、島の自然を生き生きと描いている。

 ことし4月に石垣島から黒島に引っ越したという美崎君は「メインは灯台だけど、黒島の牛やハート形の島の形などもアピールした。黒島に引っ越したからこそ描けた絵。賞をもらってうれしい。全国の人に黒島を知ってもらいたい」と、うれしそうに話した。

 同庁は11月1日を灯台記念日と定めており、ことしは国内初の洋式灯台が設置されてから150年目。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム