八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

秋季火災予防運動始まる

2018年秋季火災予防運動が始まった。火災予防を呼び掛ける幼年消防クラブのみやら保育園園児ら=9日午前、ユーグレナモール

2018年秋季火災予防運動が始まった。火災予防を呼び掛ける幼年消防クラブのみやら保育園園児ら=9日午前、ユーグレナモール

石垣市の火災関係統計

出発式で園児が防火呼び掛け

 火災が発生しやすい冬場を前に火災予防思想の普及をはかる「2018年秋季火災予防運動」が9日、「忘れてない?サイフにスマホに火の確認」をスローガンに全国一斉にスタートした。15日までの運動期間中、石垣市では石垣市消防本部(宇根規光消防長)が宿泊施設の防火設備を点検するほか、保育園での防火指導、広報パトロールなどを実施する。同本部によると9日現在、市内の火災発生は12件で、損害額は約1729万円。昨年は年間で20件、約2928万円の損害があった。

 ことしの火災を場所別に見ると、田畑などの「その他」が5件。建物が4件、車両1件、船舶1件、林野1件。例年、火入れやチリ焼きなどにより田畑が延焼するケースが多く、同本部予防課は「風の強い日の火入れは避けて。火入れをする時は最後までしっかり監督を」と管理徹底を呼び掛けている。

 出火原因は▽ガスコンロの使用中に目を離した▽電気トースターの加熱し過ぎ▽火入れの延焼▽車両配線のショート—などさまざま。同部予防課は「年末に向けて慌ただしくなるが、寝たばこはしない、火元の確認など予防を徹底してほしい」と呼び掛けている。

 9日午前、同本部の敷地で出発式(同本部主催)が行われ、宇根消防長は「火災の発生しやすい時期を前に、火の用心を強く呼び掛け、発生件数や被害の軽減を目指したい」、県消防協会八重山地区支会の﨑山守洋支会長は「火災予防体制の一層の強化、消防体制の充実強化が求められる」とあいさつ。式後、幼年消防クラブのみやら保育園(宮良實守園長)の4、5歳児27人が、ユーグレナモールで横断幕を持って練り歩き、柏木を打ち鳴らしながら防火を呼び掛けた。期間中、石垣市女性防火クラブ(西表直子会長、会員26人)が市内の保育園で紙芝居を使った防火指導を行う。

  • タグ: 火災予防運動
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム