八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県高文祭で八重高生徒好成績

第42回沖縄県高等学校総合文化祭放送部門のアナウンス部門優秀賞に選ばれた久貝心愛さん(左)と、朗読部門優良賞に輝いた古堅乃愛さん=7日午後、八重山高校

第42回沖縄県高等学校総合文化祭放送部門のアナウンス部門優秀賞に選ばれた久貝心愛さん(左)と、朗読部門優良賞に輝いた古堅乃愛さん=7日午後、八重山高校

久貝さん優秀賞 アナウンス部門
朗読の古堅さん優良賞

 第42回沖縄県高等学校総合文化祭放送部門(県高校文化連盟主催)が1日、那覇市の財団法人おきなわ「てぃるる」で開かれ、八重山高校放送研究部(久貝心愛部長、6人)の久貝部長(2年)がアナウンス部門優秀賞、古堅乃愛さん(1年)が朗読部門優良賞に輝いた。今大会は第40回九州高校放送コンテスト沖縄県予選を兼ねており、優秀賞の久貝部長は12月7日から鹿児島県で開催される本選に県代表として派遣される。

 大会には県内からアナウンス部門に49人、朗読部門に83人がエントリー。八重山からは同部から5人と八重山農林高校から1人が出場。入賞した2人は、予選を突破して両部門16人ずつで行う決勝に進んだ。

 アナウンス部門は、自ら作成した原稿を1分10~1分30秒以内で読むもので、久貝部長は書道に励む高校生を題材に発表。朗読部門は指定された課題図書の中から、1分30秒~2分以内で発表。歴史物が好きな古堅さんは鬼塚忠の「花戦さ」を読んだ。

 県大会3度目の優秀賞となった久貝部長は、「最優秀賞を目指していたのでとても悔しい。制限時間だけを考え、肝心の内容を伝える読みができなかった。この悔しさをバネに、反省点を修正して九州に臨みたい」と抱負を述べ、初入賞の古堅さんは「決勝に残れるとは思っていなかった。さらに上位を目指して読みを磨いていきたい」と喜びを語った。

  • タグ: 県高等学校総合文化祭放送部門
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム