八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新館建設工事を着工

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート新館ラウンジのイメージ(同ホテル提供)

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート新館ラウンジのイメージ(同ホテル提供)

新館起工式の地鎮之儀でくわ入れを行うIHG・ANAホテルズグループジャパンのハンス・ハイリガーズ最高経営責任者=6日午後、同ホテル

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
20年夏のオープン目指す

 新館ホテルの建設計画を進めていたANAインターコンチネンタル石垣リゾート(柳島司総支配人、客室数255室)は6日午後、新たに会員制ラウンジなどを備える国内初のクラブタワーを併設する客室数203室の新館建設工事をホテル敷地内で着工した。東京オリンピックが開催される2020年の5月完成、夏のオープンを目指す。新館は世界有数のラグジュアリーリゾートホテルとしての新ブランドを打ち出すことで、既存ホテルより高単価の客層を取り込む。

 新館は敷地面積31万平方㍍内の既存ホテル西側に8階建てのクラブタワー棟、7階建てのラグーン棟とスパ棟の3棟を建設。建物は鉄筋コンクリート造り、延べ床面積2万2000平方㍍。総事業費は未公表。

 ホテル内に長さ40㍍、幅20㍍のメーンプールを完備。クラブタワー棟の会員専用ラウンジでは、宿泊客が充実してくつろげる空間を演出するほか、商談スペースとしても利用が可能。

 同棟内にも専用プールを配置したほか、庭付き客室もある。

 事業主はGIC Private Limited、設計は大成建設㈱、施工は大成建設と㈱大米建設の共同企業体で行う。

 新館建設で既存ホテルと合わせた客室数は458室となり、県内のANAインターコンチネンタルホテルでは、万座ビーチリゾートの397室を大幅に上回る。

 同日の起工式でGICのリー・コクサン最高投資責任者は、取材に対し、「新空港の開港で今後の観光に期待している。国内外でも特にシンガポールからの観光客を取り込みたい。石垣島全体の観光の底上げに尽力したい」と話した。

  • タグ: ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム