八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山出身の前新科子さん(89)と森田吉子さん(100)が…

 八重山出身の前新科子さん(89)と森田吉子さん(100)が先月中旬、家族と一緒に台湾を訪れた▼入居している高齢者施設を運営する社会福祉法人憲章会(石島衞理事長、南城市大里)が企画した旅。ほかに2人の入居者が参加し、車いすと歩行器を4台ずつバスに積み込んで移動する▼森田さんは、日本統治期の台湾で暮らしていたころのことを少しずつ語り、参加者はその体験をシェアしながらゆかりの地を回った。森田さんの体験を通して、八重山と台湾のつながりを再確認していくのだ▼昼食では、レストランに着いたものの、お年寄りのひとりが「降りない」と動こうとしない場面があった。結局ほかの参加者が食事を終えるまでバスで待つことになった▼日々の介護には、だれしもそれぞれ思うところがあるだろう。ほんのわずか同行しただけでは、その心の内を垣間見ることさえできない。台湾まで付き添ってきた家族の姿に心を動かされ、準備を進めた法人側の取り組みに敬服するばかりだ▼人気観光地の十分では、全員でバスを降り、雨の中でランタン(天灯)を揚げた。その時の写真には、参加者が雨がっぱを着込んで並んでいる。いい顔ばかりだ。みなさん、お疲れさまでした。台湾の旅がいい思い出として残っていてくれればと思います。(松田良孝)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム