八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山の産業まつり開幕 市民ら自慢の一品求め来場

初日から大勢の市民や観光客が訪れ、盛況を見せる八重山の産業まつり=3日午後、市民会館中ホール

初日から大勢の市民や観光客が訪れ、盛況を見せる八重山の産業まつり=3日午後、市民会館中ホール

島々の特産品がズラリ

 八重山の特産品が勢ぞろいする2018八重山の産業まつり(同実行委員会主催)が3日、石垣市民会館中ホールで開幕した。4日まで。午前11時の開場と同時に多くの市民が訪れ、各ブース自慢の一品を買い求めた。出展ブースを竹富町と与那国町も加えて拡大、出展業者は昨年の34から35に増えた。木工や陶芸などの体験コーナーも充実させ、子どもからお年寄りまで幅広い客層の来場が目だち、初日からにぎわった。

 会場には各島々の焼き物や農水産物の加工品が所狭しと並び、来場者の目をひいた。

 このうち、西表島古見でウコンの加工品販売を行い、農家民宿を営むマナ農場の石原和義さん(52)は「離島ブースを拡大しないと島の事業者の出展は増えない。産業まつりは島の魅力を発信する場なので、離島からの出展が増えてほしい」と話す。

 実行委員は今回から来場者の動線をスムーズに確保するため、出展スペースを中ホール外まで拡大。運営スタッフも増やして来場客へのインフォメーション機能の強化に取り組んだ。

 会場に訪れた60代の女性は「好きな焼き物を買いに来たが、離島の商品にも目を奪われて買いすぎた。毎年、楽しみにしているまつり」と喜んだ。

 実行委会長の黒嶋克史石垣市商工会長は開会のあいさつで「住民に愛用されてはじめて商品が大きく成長できる。3市町で生産された『世界へ羽ばたく』地域の一品を手にとって試してもらいたい」と呼び掛けた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム