八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

得意は生かし、苦手はカバー

 ▽…本年度「人権の花運動」の花の苗植え付け式が、指定校の吉原小学校で行われた。児童代表であいさつした松村陽向君(6年)は「身長や体重、性格もまったく同じ人は一人もおらずみんな個性がある」「サッカーが得意な人もいれば、漢字・計算が得意な人、逆に苦手な人もいる」と述べた上で「得意は生かし、苦手はカバーし合うのが吉原っ子のいいところ」と力強く宣言。開花を心待ちにしたい。

 ▽…石垣島・美ら☆マイスターとしてことしは20人が認定を受けた。2015年に始まった同講座中、過去最多の合格者数。観光資源としての「八重山の星空」のニーズは上昇中。天体の美しさだけではなく、先人たちがそこから読み取った意味や創造した文化などのお話が、観賞者と夜空をつなぐはず。八重山の夜空の新たな語り部の活躍に期待したい。

 ▽…2日間の日程で、宮良小学校の2年生を対象に開かれている方言教室。日常生活で聞くことも話すこともめったにないであろう児童たちにとって、メーラムニは外国語のように聞こえたかもしれないが、今回の教室で方言について調べられる用語便覧があり、話せるお年寄りが身近にいることが分かったのは大きな一歩。ぜひ自分から、いや親も巻き込んで方言に親しみ、日常の中で使ってみよう。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム