八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

そばが好き。嫌いな人は…

 そばが好き。嫌いな人はお目にかかれないほど県民のソウルフード、そば。皆じょーぐーである。名護には名護の、与那原には与那原の、宮古には宮古の、それぞれローカルのご当地そばがある▼平麺、太麺、縮れ麺。だしも豚に鶏がら、カツオ。さまざまなタイプがあるのに、ひとくくりに「沖縄そば」と呼ぶのも、テーゲーのうちなんちゅらしい。たかがそば。されど、そば。奥深いその世界▼そしてわれらが八重山には八重山そば。細いストレートの丸麺が特徴で全県にその名がとどろく。具は細切りの豚肉とかまぼこ、香り立つ島ネギにピパーツ。コーレーグースは大人の味。シンプルさが身上だ▼でも何と組み合わせてもおいしい。牛そば、山羊そば、サバ缶のからそば。鶏汁も魚汁もなんでもそば。三枚肉にソーキ、ゆし豆腐は外来組。アーサの発祥はどこだろう。麺だけは伝統の八重山そばがルール▼そんな「魂の風土」だけに、皆さんそれぞれのこだわりがあり一家言を持つ。どこのそば屋がおいしいか、そば談議がはじまればそのにぎやかなこと。「妻のそばが一番」と豪語するつわものもいる▼きっと、それぞれの家庭に自慢のレシピや隠し味があるに違いない。それぞれあってみなおいしい。それでこそ県民のソウルフード。「ねえ、今日、そばにしない?」 (慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム