八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

遊びには“力”がある 

▽…石教委主催の「体験の風をおこそう・教育講話と遊びリンピック」では、「かっぱのげんさん」で知られる山内満豊さん(80)が実演しながら遊び体験の重要性を伝えた。大きなこまは直径30㌢もあり、自身で作った物も。次々と繰り広げられる遊びの数々に子どものみならず、大人も目を輝かせた。50歳で右半身不随になり、余命宣告を受けたというげんさんだが、そうは見えない動きにびっくり。遊びには“力”がある。

 ▽…石垣公演は石垣市民会館大ホールで11月28日に行われる第5回おきなわ新喜劇ツアー「心がつなぐアロハイサイ!」石垣公演には、きいやま商店が出演する。ツアー参加は2度目だが、石垣公演は初めて。「きいやま商店は台本通りにやらない。自分たちの笑いを足してくる」とガレッジセールのゴリ。どんなパフォーマンスが飛び出すのか楽しみ。

 ▽…ダウン症の書家、金澤翔子さんと母親の泰子さんがピュアの会と交流会をもった。参加した幼児や保護者と気軽に写真撮影に応じる翔子さん、表情はとても生き生きしていた。泰子さんは、自身の子育て経験を踏まえ保護者らにアドバイス。「母性愛は子どもを自立させるための愛」と過保護に育てず、自立に向けた子育て論を展開。内容の濃い交流会になった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム