八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

野底さんが最優秀賞 小浜節大会

第13回小浜節大会で最優秀賞に輝いた野底忠さん=20日夜、小浜公民館

第13回小浜節大会で最優秀賞に輝いた野底忠さん=20日夜、小浜公民館

初の単独開催 情緒豊かに歌い上げる

 【小浜】ことし4月に完成した新小浜公民館の落成を記念し第13回小浜節大会(同実行委員会主催)が20日夜、同公民館で初めて開かれた。県内外から参加した20人が同島発祥で八重山を代表する民謡「小浜節」を情感豊かに歌い上げ、同島の野底忠さん(60)が最優秀賞に輝いた。優秀賞に東政太朗さん(26)=石垣市宮良=、優良賞に大石定治さん(38)=同大浜=が選ばれた。大会は2015年以来3年ぶりの開催。これまで同島で開かれるちゅらさん祭りの中で行われていたが、伝統芸能の継承とさらなる発展を願い、今回、初の単独開催となった。

 小浜節は、同島に五穀豊穣(ほうじょう)をもたらした神を歌うもの。神行事「結願祭」や、同島の祝いの座の締めに歌われている。

 大会は午後7時にスタート。大会長の花城正美公民館長は「五穀豊穣の喜び、神々への祈りの心が凝縮された小浜節は、島民の心の支えであり誇り。後世に正しく継承発展されることを切に願う」とあいさつ。

 小浜島2人、石垣島13人、沖縄本島、黒島、波照間、大阪府、兵庫県からそれぞれ1人の計20人が、同歌の1番と2番を歌った。訪れた地域住民や観光客など約200人が一人一人へ拍手を送った。

 審査は同島の地謡や実演家など4人が、声質や声量、声切りや声出しなどを審査。金城英皓審査委員長「稽古不足の人が目立つのでもっと技量を積んで。小浜島出身者や、若者にももっと参加してほしい」と講評した。

 最優秀賞の野底さんは「皆の前で実力を出しきることはできたと思ったが、最優秀賞とは思っていなかった。小浜島で生まれ育ったことを誇りに思っており、小浜節は生活の一部。小浜節をこれからも大切に培い、後輩たちに引き継いでいきたい」と喜びを語った。

 余興では小浜公民館婦人会が小浜節を踊り、第2回大会最優秀賞の大浜安則さんが同歌を歌い、最後は会場全体が小浜節で声を合わせた。

  • タグ: 小浜節大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム