八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

廣本さんがNASAへ JAXA派遣事業

「風船トランポリン」で園児子を楽しませる廣本美保さん。米国航空宇宙局の第25回宇宙を教育に利用するワークショップで発表する=18日午後、ひばりの保育石垣のいえ

「風船トランポリン」で園児子を楽しませる廣本美保さん。米国航空宇宙局の第25回宇宙を教育に利用するワークショップで発表する=18日午後、ひばりの保育石垣のいえ

保育教育をプレゼン
風船トランポリン活用を

 米航空宇宙局(NASA)のスペースセンター・ヒューストンが2019年2月に米国で開く「第25回宇宙を教育に利用するためのワークショップ」に、「ひばりの保育石垣のいえ」(佐々木健一園長)の保育士・廣本美保さん(53)=石垣市新川=が、宇宙航空研究開発機構JAXA(ジャクサ)の派遣事業で日本代表として参加することが決まった。廣本さんは「風船トランポリン」を生かした保育教育について英語でプレゼンテーションする。八重山から2人目の派遣となる。

 NASAの公式ビジターセンターであるスペースセンター・ヒューストンが開く教育関係者向けのワークショップ。米国内やヨーロッパなどから500人以上が集い、「宇宙」を活用した指導や教育について、意見交換や情報提供を行う。施設見学や現地学校訪問もある。

 JAXAは毎年、国内の保育士から高校教諭までを対象に募集をかけており、今回は選考を通過した廣本さんら2人を派遣する。

 廣本さんは、風船15~25個を布団圧縮袋に入れて作る「風船トランポリン」の活用を発表する。

 「風船は割れるというイメージがあるが、圧力を分散させれば割れない。風船トランポリン遊びを通して圧力の分散を直接体験することが、のちのち子どもたちの学びや理解の助けになると思う」と話す。

 廣本さんと同じ保育園で働き、八重山から初めて派遣された東里香絵さん(40)が、ことし4月廣本さんに派遣事業の公募を紹介した。

 廣本さんは当初尻込みしたが、「誰かに影響を与える活動ができるかもしれない」とチャレンジを決意。東里さんのサポートを受けながら1カ月半かけてリポートを作成、9月5日に合格の通知を受けた。

 「ワークショップで多くのことを経験し、地元の教育にも還元したい。派遣が待ち遠しい気持ち」とやる気をみなぎらせている。

  • タグ: JAXA派遣事業
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム