八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「議会の大きな恥、暴走だ」 石垣市議会

「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」に反対する意見書案に対し、反対意見を述べる野党議員=17日午前、本会議場

「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」に反対する意見書案に対し、反対意見を述べる野党議員=17日午前、本会議場

辺野古県民投票反対意見書可決
野党、怒りと抗議の声 
「書いている通り」と与党

 ■陸自配備へ警戒感広がる

 「民主主義を否定するものだ」「議会の大きな恥。議会の暴走だ」—。「辺野古米軍基地建設ための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」に反対する意見書案が提出された9月定例石垣市議会最終本会議。野党側が相次いで抗議の声を上げた。平得大俣への陸自配備をめぐり、地元でも住民投票の動きが始まったばかり。「地元の住民投票も拒否するぞという狙いもあるのではないか」と警戒感も広がった。

 「憲法の国民主権は民意を尊重することを基本にしている。県民の心意気を国民に知らしめるのが議会人の立場。これを否定するのは非常に驚きだ」「県民、市民の自主的な行動を議会が押さえ込み、圧力を加えるもの。民主主義を無視した無謀な提案だ」。

 採決に先立つ討論で新垣重雄氏、長浜信夫氏がまず怒りをぶつけ、宮良操氏も「県議会でもまだ可決されていないのに、同じ議会が反対するのは前代未聞。こういう市議会のあり方こそが問われる。市議会も県議会もそれぞれの機能、権能が尊重されるべきだ。法治国家としてあってはならない」と続けた。

 「国防や安全保障は国全体に影響を及ぼすもので、一地方自治体の住民投票はそぐわない」とする意見書に内原英聡氏が「どれだけ自分の命を人まかせにするのか。県民投票の会は所定の手続きを踏んでいる。市議会の歴史に大きな恥を残す暴走だ」と語気を強めた。

 一方、与党側には「書いている通り」として賛成討論を控える向きもあったが、仲間均氏が急きょ発言。「知事選でも辺野古反対の知事が誕生している。県民投票には法的拘束力もない。裁判の判断も無視している。5億5000万円の県単費も高額。県の投票決定に(市町村が)応じなければならないというのはとんでもない」と理由を述べた。

 本会議終了後、与党側の1人は「市議会と足並みをそろえる議会が出てくるかもしれない」と影響の広がりに期待。

 一方、野党連絡協議会(宮良操会長)は会見し、「市民、県民に申し訳ない気持ち」と落胆。「平得大俣についても入り口で否定しようとしているのではないか。住民投票をなし崩しにしようという意見書だ。住民の意思表示を恐れているのか。堂々と賛否を問えばいい」と警戒を強めた。

  • タグ: 辺野古県民投票石垣市議会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム