八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「泰平の眠りをさます上喜撰…

 「泰平の眠りをさます上喜撰 たった四杯で夜も寝られず」。黒船来航に狼狽する江戸幕府をからかう狂歌である。こちらは平成末。5機の米空軍CVオスプレイの横田基地配備に「本土のオキナワ化」を懸念する論調がある▼普天間にはMVオスプレイ24機が配備され、東洋一の嘉手納基地もある。「沖縄はかわいそうだけど米軍機の墜落、事件事故などの騒ぎはイヤ。自分の所には来ないで」という本音が背後に隠れている▼「オキナワ化」を懸念する前に、日本の実相を知った方がいい。狭い沖縄に米軍専用施設が7割集中していることは県民の常識。残り3割は13都県に分布し、1割は東京と神奈川にある。この現実を知らない都民も多いのではないか▼首都圏上空には1都8県にまたがる巨大な「横田ラプコン(航空管制空域)」があり、米軍が占領期そのままに支配している。この大空を日本の民間機は飛べないのだ▼提供施設内や訓練空域では米軍がどんな訓練をしようと、そこはアメリカ。その治外法権に日本側は一切関与できない▼選挙のたび再三示す沖縄の民意。無視し続ける首相の言う「美しい国」の正体は今なお続く「占領下ニッポン」では。うちなんちゅは「本土のオキナワ化」など望んでいない。「せめて平等な負担を」と求めているだけだ。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム