八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

議長選44回も決まらず 与那国町議会

9日連続の議長選挙でも議長が決まらない与那国町議会=11日午前、町議場

9日連続の議長選挙でも議長が決まらない与那国町議会=11日午前、町議場

町、きょう補正額を専決処分
野党「納得できない」と反発

 【与那国】9月定例与那国町議会(定数10)は11日、議長選挙9日目に入るも未決となった。議長が決まらず議案審議に入れない議会に対して執行側の町は、12日に一般会計予算の一部補正額約3億4800万円を、町議会の承認を得ない町長の専決処分で対応する方針を固めた。町側は「議会の動向を考慮し、緊急性を要する事業の補正予算を再編成した。地方自治法に沿って執行したい」と話した。今議会で注目されていた教育長の同意案件は含まない。野党側は「一連の混乱を招いたのは与党側からの議長選出を裏で拒んでいる外間守吉町長にある。専決処分には納得できない」と反発を強めている。

 この日の議長選は午前10時の開会から昼休憩を挟み閉会の午後4時30分まで5回行われ、与党の前西原武三氏と野党系の与那原繁氏が最多得票の5票で同数となり、地方自治法に沿ったくじ引きで当選人となった両者は互いに辞退を続けた。議長選の総回数は44回。

 地方自治法179条の規定に基づき専決処分の調整を続けてきた外間町長と町幹部は議会終了後、12日の議長選が未決となった場合の閉会後に踏み切る考えを示した。

 町側は今議会で一般会計予算の補正額6億8088万9000円を計上する予定だったが、防災行政無線のデジタル化3億円、新庁舎建設の設計発注支援業務1000万円、議員増に伴う議員報酬(月額・期末手当)742万2000円などを優先した補正額に修正した。

 与党側は「町民には申し訳ないが、安定町政を実現するため過半数を獲得したい。(専決処分は)行政の判断」と受け止めた。

 野党側は「議員数が与野党同数の場合は慣例で与党側から議長を選出するのが大前提。町長を説得できない与党議員や応じない外間町長に責任がある。自身で混乱を招き、専決処分することは疑問」と批判した。

 外間町長は「議長が決まらずに残念な状況が続き、(専決処分は)断腸の思い。住民生活に影響が出ないようにしたい。議会に対して私が口出すことはない」と話した。

 この日で当初予定していた14日間の会期日程は最終日を迎え、町議会事務局によると、議長が決まらない場合は平日午前10時に開会して議長選を継続する。議長決定後、すみやかに本会議へ入る。

  • タグ: 与那国町議会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム