八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新八重山病院バス、来月後半に 市議会一般質問

北部高速通信網
次年度から利用可

 9月定例石垣市議会(平良秀之議長)は10日、一般質問の日程に入り、長浜信夫、箕底用一、新垣重雄、花谷史郎、我喜屋隆次の5氏が登壇した。当局側は、北部地区で県事業の超高速ブロードバンド環境整備が進められているとして「次年度から利用可能となる」と報告した。新県立八重山病院の開院に間に合わなかった路線バスの運行開始時期について「11月後半ごろ」との見通しを示した。

 超高速ブロードバンド環境整備は、県が通信事業者に補助して県内離島地区で進めているもの。市は負担金として1680万円を支出している。箕底氏への知念永一郎総務部長の答弁によると、現在、幹線や支線などの敷設工事が行われており、本年度で完了する。利用開始前に事業者が説明会を開く予定。

 八重山病院への路線バス運行については大得英信企画部長が「10月19日に、バス会社、国、県と市で調整して市地域交通協議会を開催し、運行形態や運行回数、運賃などについて協議する。協議が整った後、バス会社が総合事務局に申請する。認可が下りるのに1カ月程度かかる。11月後半ごろに路線が開設できるかと思う」と述べた。長浜氏への答弁。

 中山義隆市長1期目の公約となっている市長の多選自粛条例の制定について、知念総務部長は「しかるべき時期に提案するとしている」と明言を避けた。質問した新垣氏は「3期で終わり、4期目は出ないと理解させてもらう」とした。

 焼却施設の更新事業について花谷氏が、最終処分場延命化のために廃プラ焼却を決定する際、周辺住民の理解を求めるよう強く要望。野底由紀子市民保健部長は「まだ決まっていないが、廃プラの焼却は最終処分場の延命化に有効な方法。更新事業で炉の性能を上げる段階で住民の理解が得られるよう丁寧に説明する」と答弁した。

 我喜屋氏が提案した「市星」の認定について大得企画部長は「日本初の星空保護区の認定と相まって意義深い。市長から指示を受けており、年内に委員会を立ち上げて取り組みたい」と応じ、中山市長は「年度内に制定したい」と述べた。

 

【9月定例市議会一般質問要旨】 

 ▽漁業製氷機

 箕底用一氏=6月議会でも取り上げたが、製氷機スラリーが再度、故障した。

 山田善博農水部長=9月中旬から後半にかけて部品を交換したが、オイル漏れがあったため、機器メーカーの返答を待っているとのこと。今月中に正常運転できない場合は機器の取り換えを含め協議すると聞いている。

 ▽電光掲示板

 箕底氏=ユーグレナ石垣港離島ターミナルへの設置に向けた進捗(しんちょく)は。

 安里行雄建設部長=電光掲示板は2015年3月に停止、16年度に撤去された。リアルタイムの運航情報、観光情報、多言語に対応できるシステムを考えているが、具体的に進捗していない。年内に、関連事業者や船会社などと協議会を立ち上げ、早急に取り組む。

 ▽レスキュードローン

 箕底氏=導入の必要性は。

 宇根規光消防長=本市の災害対応力強化を図る上で欠かせないもので、早期の導入に取り組む。

 ▽まちづくり

 新垣重雄氏=「日本一幸せあふれるまち」は、検証不能でイメージができない。分かりやすいイメージにすべきだ。

 中山義隆市長=1期目に政策で打ち出した。日本一幸せに子育てできるまち、日本一平和で安心・安全なまち、日本一快適で活力あるまちの3本柱を称して掲げた。

 ▽戦争マラリア

 新垣氏=陸軍が強制したのは事実。個人補償がされていない。行政として支援できるか。

 野底由紀子市民保健部長=市としては平和祈念館と慰霊碑の慰藉事業実施をもって戦後処理は完了したと認識している。遺族会との連携のもと、祈念館を活用した平和学習、慰霊祭を継続的、積極的に行いたい。

 ▽農業

 花谷史郎氏=農作物のプロモーションでは、2年間、情報冊子が発行されたが、本年度は継続されていない。

 山田農水部長=トータルで500万円近くの事業。次年度に向け、できることを考えたい。プロモーションは引き続きやっていく。

 中山市長=大型のパンフレット・カレンダーは高額になる。発信方法をどうするか、内部で調整したい。

 花谷氏=担い手・新規就農者支援は。

 山田農水部長=10月現在の相談は26件。課題となる農地取得など、個別に担当者を配置して総合支援を引き続き行う。 

 花谷氏=陸自配備は農業に影響がないと考えるか。

 山田部長=予定地は傾斜や急勾配が多く、営農には不向きな土地。

 ▽旧空港跡地内市道

 我喜屋隆次氏=市道整備の計画は。

 安里建設部長=市道旧空港跡地線は本年度から、県道石垣空港線から新八重山病院サービス出入り口までの約80㍍区間の工事を実施している。2020年度までに延長500㍍区間を供用する計画。

 我喜屋氏=80㍍区間は県道とつながっていない。

 宮良直好都市建設課長=電線共同溝施設が必要。調整、資材調達などで遅れている。

 安里部長=10月31日の工期内に完成できるよう取り組む。

 ▽駐車場不足

 我喜屋氏=離島ターミナルと中心市街地では改善の動きがない。

 安里建設部長=エネルギー施設跡地で駐車場を整備する。18年度内で設計を完了し、次年度に着手できるよう準備している。平面駐車場で450~500台確保できると考えている。

 我喜屋氏=その間をどうするか。

 下地敏之港湾課長=八島埠頭(ふとう)荷さばき用地の目的外使用の可否について国にうかがっている。

  • タグ: 市議会一般質問
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム