八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

世乞い公演がスタート

ゆいロードシアターで始まった定期公演の初舞台で「安里屋ユンタ」を披露する八重山芸能団「世乞い」の出演者ら=9日午後、同シアター

ゆいロードシアターで始まった定期公演の初舞台で「安里屋ユンタ」を披露する八重山芸能団「世乞い」の出演者ら=9日午後、同シアター

観光客に八重山芸能披露

 平日の日中、観光客向けに八重山芸能を提供する八重山芸能団「世乞い(ユークイ)」の定期公演が9日午後、ゆいロードシアターで始まった。年内は毎週火曜日に上演する。初の公演では、約45分間のステージに八重山の舞踊家4人、唄者1人が登場し、八重山の代表的な舞踊や民謡を披露した。

 同芸能団は、平日の昼間に観光客向けに八重山芸能を紹介しようと、ことし6月に結成、舞踊家や唄者を集めて準備を進めてきた。

 ステージは舞踊「やらよう節」で荘厳に幕開け。演者5人が代わる代わる登場して「鶴亀節」、「目出度節」や、民謡「でんさ節」など、代表的な八重山芸能全11演目を披露、最後は踊り手3人による「安里屋ユンタ」で閉演した。

 幕あいには、観光客向けに演目を紹介する日本語アナウンスが流れた。今後、外国人客にも英語や中国語版で対応する考え。

 総合監督を務める㈱八重山舞台の黒島剛代表取締役は「詩の国、歌の島、踊りの里と言われるが、観光客が平日の昼間に見られる機会がなかった。出演者を増やして、島外でも公演できるようになれば」と展望を語った。

 踊り手の荻堂久子さん(74)は「公演の趣旨に賛同して出演した。観光客に本物の八重山芸能文化に触れてもらいたい。旅行業界関係者にも知ってほしい」と呼び掛けた。

 開演時間などの問い合わせは、同シアター(83ー3150)。料金は大人2000円、中学生以下1500円。

 また同芸能団は出演する実演家を募集している。問い合わせは、㈱八重山舞台(83ー7403)。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム