八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「嘆きのブルース」と表現

 ▽…与那国町議会の議長選総回数が大台の30回を超えた。これまで与野党が延々と繰り返す議長選の光景に加えて、340枚も消費した投票用紙に町議会事務局長は「嘆きのブルース」と表現。先の見えないトンネルを抜けるには「町議の一人が名前を誤記入して無効票となる以外ない」と話す町職員も。町議の一人は「与那〝国〟だから治外法権」とブラックジョークを言うが、もはや笑えない。

 ▽…市立教育研究所の2018年度後期入所式が5日、大浜信泉記念館であり、認定こども園と小中学校から各1人の教諭3人が入所した。当初予定されていた八重山教育事務所の宮良永秀所長に代わってあいさつした磯部大輔指導班長は、この日のためにスライドを用意。大坂なおみ選手や実業家の出口治明氏の言葉を紹介し、「言葉の力は大きい。子どもたちに還元し、生きる力を身に付けさせてほしい」と期待。

 ▽…5日、台風25号は遠ざかったが、南ぬ島石垣空港では飛行機の欠航や遅延に頭を抱える観光客がいた。「振り替え便の日まで延泊しないといけない。でも雨の日でも行ける場所はもう全部回った」とも。屋外でのレジャーを期待した石垣観光が台風とぶつかった時のがっかり感は大きそう。やはり雨の日のコンテンツ充実が課題。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム