八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

進学で「楽しみない」28% 大浜中学校区ギャップ調査

小中連携に関するアンケート結果

小中連携に関するアンケート結果

小学6年生 不安の有無は半々
小中連携強化で解消へ

 「中1ギャップ」の解消に向けて大浜小学校(浦崎喬校長)が大浜中学校区の5小学校の6年生と中学1年生を対象にこのほど行ったアンケートで、「中学校進学で楽しみにしていることがない(どちらかというとないを含む)」と答えた小学6年生が28%に上っていることが分かった。中学校進学に不安が「ある(どちらかというとある含む)」と「ない(同ない含む)」は50%ずつの半々となっており、結果をまとめた大浜小学校教務主任の兼松宏吏(あつし)教諭(42)は「『不安がある』と答えた中でも28%はさらに見通しが立っていない状況」と分析。小中連携を密にして不安を解消し、進学への期待感につなげていきたい考えだ。

 アンケートはことし7月上旬、小学6年生約200人と中学1年生140人を対象に実施。9月上旬に大浜小で開かれた第2回合同交流研修会で結果が報告された。

 中学校進学で不安に感じていることの内訳は「勉強」などの学習面や「先輩」「いじめ」「友達ができるか」など人間関係に関する回答が多く、進学したら困りそうだと思うことは「家庭学習」「校則」「先輩」「授業」などが挙がった。

 一方、「中学校生活は楽しいか」の質問に「楽しい(どちらかというと楽しい含む)」と回答した中学1年生は83%に上り、学校生活を満喫している生徒が大半を占めている実態も明らかに。中学進学時に困ったことを問う質問では「校則」が最多で、「人間関係」「授業」「家庭学習」などが続く。

 学習面では、中学校の中間・期末テスト前の休みに戸惑う生徒がいる状況を受けて、大浜小は本年度から、学期ごとに1回、全学年一斉にまとめのテストを行う「学校テスト」を実施。同テスト前の3日間程度はスポーツ少年団と相談して活動を停止し、各学級で補習したり、家庭学習に力を入れたりしているという。

 研修会では、大浜中校区の小学6年生同士の交流学習の開催や、中学1年生が小学校に出向いて6年生にアドバイスする機会の創出などさまざまな提案があり、大浜小の浦崎校長は「(アドバイスは)中学生から直接受けることで親しみが出て、中学校をより身近に感じられる。非常に斬新でいいアイデアだ。いずれも今すぐには難しいが、今後の課題として取り組んでいきたい」と先を見据えている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム