八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

きょう新施設に引っ越し 県立八重山病院

30日の入院患者移送を前に、引っ越し作業を進める運送業者=29日午後、八重山病院内

30日の入院患者移送を前に、引っ越し作業を進める運送業者=29日午後、八重山病院内

入院患者約130人を移送へ

 県立八重山病院は30日午後、10月1日に開院する新病院への引っ越し作業を行い、新生児から高齢者まで入院患者約130人を、病院スタッフや医療機関などからのボランティア計210人を動員し、新施設に移送する。所要時間は午後1時~6時を予定している。新八重山病院引っ越し実行委員会(上原真人委員長、会員70人)は分単位で移送計画を建てており、地域住民に対し「スムーズな引っ越しに向けた配慮や協力をお願いしたい」と理解を求めている。

 患者移送は当初、沖縄本島からの応援40人を加えて行う予定だったが、台風24号の影響で地元スタッフのみで対応する。

 車いす用車両14台、救急車両3台、マイクロバス1台を使用し、患者1人に1~3人のスタッフが付き新病院へ移動させる。

 29日午後、院内では新病院への物品搬送作業が進められ、廊下には梱包(こんぽう)された資料などが並び、運送業者がトラックの荷台に積み込む姿があった。

 30日は、診療に対応できる医療スタッフや機器が制限されるため、現病院では▽救急車両搬送患者▽出産―のみ対応。軽症患者などは、八重山地区医師会に協力を仰ぎ診療してもらう。

 今回の引っ越しは、2013年に行われた宮古病院の引っ越しを参考に計画が練られ、当時を経験したスタッフ6人も参加。その一人でもある上原委員長は、事故で急患が増えると人員が割かれ、移送に支障が出ることを心配。「ケガや事故など、リスクを回避できるものは避けてほしい」と呼び掛けた。

  • タグ: 八重山病院
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム