八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

富崎、アクアスロン3位 世界トライアスロンシリーズグランドファイナル

ITU世界トライアスロン大会への出場を果たし笑顔を見せる富崎義明(左)と川原千賀子=16日、ゴールドコースト(チーム冠鷲提供)

ITU世界トライアスロン大会への出場を果たし笑顔を見せる富崎義明(左)と川原千賀子=16日、ゴールドコースト(チーム冠鷲提供)

川原は10位 

 ITU世界トライアスロンシリーズグランドファイナルが12~16日にオーストラリア東海岸のゴールドコーストで開催され、年代別のエイジ部門日本代表として八重山から富崎義明(52)と川原千賀子(55)が出場。男子50~54歳の富崎は、スイムとランのアクアスロンで30分39秒と3位となり、トライアスロンは2時間21分20秒で64位。川原は女子55~59歳で、アクアスロンを42分55秒で10位、トライアスロンは3時間02分33秒の自己ベストで54位と健闘した。

 自身9年ぶり2度目の世界大会出場を果たした富崎は、トライアスロンではトップと約20分差でゴール、世界のレベルの高さを感じたが、得意のアクアスロンでは「予想以上の結果で自分でも驚いた。来シーズンの石垣島トライアスロン大会に向けてさらにレベルアップしていきたい」と意欲を見せた。

 初めての国際大会出場となった川原は「人生のほとんどをスポーツとは縁なく送ってきた自分でもここまでやれて自信になった。同じような境遇の人を励ましたい」と満足そうに語った。

 アクアスロンはスイム750㍍、ラン5㌔、トライアスロンはスタンダードディスタンス、スイム1・5㌔、バイク40㌔、ラン10㌔でそれぞれ行われた。

 結果は次の通り。

 ※Tは、トランジッション。

【アクアスロン】

 〈男子50~54歳〉

 ▽3位=富崎義明。30分39秒(スイム10分22秒、T1:52秒、ラン19分24秒)

 〈女子55~59歳〉

 ▽10位=川原千賀子。42分55秒(スイム14分44秒、T1:1分18秒、ラン26分51秒)

【トライアスロン】

 〈男子50~54歳〉

 ▽64位=富崎義明。2時間21分20秒(スイム23分26秒、T1:2分23秒、バイク1時間11分09秒、T2:3分08秒、ラン41分12秒)

 〈女子55~59歳〉

 ▽54位=川原千賀子。3時間02分33秒(スイム32分32秒、T1:3分05秒、バイク1時間23分39秒、T2:3分41秒、ラン59分34秒)

  • タグ: 世界トライアスロンシリーズグランドファイナル
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム