八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

揺れる白保、司法判断は?

 ▽…白保集落北側で建設が計画され、住民との摩擦を生んでいるリゾートホテル問題が次のステージに入った。担当弁護士は企業側の汚水問題が争点になるとみており、原告7人の各権利を侵害していると訴えた。企業側はことし3月に県の開発許可以降、大きな動きはない。今後は司法判断に委ねられるが、新空港問題で揺れた白保住民の様子が強く浮き上がってきた。

 ▽…石垣島製糖の第57期定時株主総会で松林豊社長は新工場建設の必要性をあらためて訴えた。機械収穫が8割を超えているため、雨天時には原料切れで運転ができず、操業期間が長期化する要因となっているからだ。出席した株主からも「できるだけ早く新しい工場を造り、農家が安心してサトウキビ生産に取り組めるようにしてほしい」と賛同の声。

 ▽…農薬危害防止講習会が開かれた。県内で農薬に伴う事故・被害の発生状況は、2016年度から2年間で誤飲誤食1件、自殺11件、魚類被害1件。誤飲誤食の件数は減少しているが、不適切な管理に起因すると考えられる事故が引き続き発生。子どもや認知症の人が手に届くところに保管しないよう注意し、保管場所の施錠徹底が求められる。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム