八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

下水道の活用を

チラシなどを配布し下水道普及を呼び掛ける石垣管工事事業協同組合加入業者ら=10日午後、市内スーパーマーケット前

チラシなどを配布し下水道普及を呼び掛ける石垣管工事事業協同組合加入業者ら=10日午後、市内スーパーマーケット前

市と関係団体が普及呼び掛け

 下水道に対する市民の理解を深めることを目的とした第58回「下水道の日」の10日午後、石垣市下水道課や石垣管工事事業協同組合加入業者らが、市内のスーパーマーケットなど店舗前で買い物客らに啓発チラシなどを配布し、下水道の活用を呼び掛けた。

 「下水道の日」は、下水道に対する国民の認知度を高めるために1961年に制定され、毎年啓発行事が全国的に展開されている。ことしのスローガンは「未来へと ぼくらがつなぐ 下水道」。

 市下水道課(小濵廉彦課長)によると、8月末現在、市内の下水道接続率(人口ベース)は、農業集落処理区の大浜・磯辺地区が18・87%、宮良・白保地区が57・68%。公共下水道西処理区が58・12%で、川平地区の特定環境保全公共下水道は85・84%となっている。

 同日午後、石垣市民会館ピロティで行われた出発式で、中山義隆市長は「汚水の収集処理、雨水の排除などを担う下水道は、公衆衛生向上や水質保全のためにも欠かせない機能だが、市内では依然として普及率が低い。補助金の活用などを呼び掛け普及を推進したい」とあいさつした。

 同日から14日まで、市役所1階ロビーで、パネル展示やミニ浄化システム展示などが行われている。

  • タグ: 下水道の日
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム