八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

陸自配備推進か阻止か きょう投開票

石垣市議選立候補者(届け出順)石垣市議選立候補者(届け出順) 街頭で手を振って支持を呼び掛ける運動員ら=8日午後、石垣市内
夜遅くに大勢判明

 3市町議会議員選挙は9日、投票が行われる。平得大俣への陸上自衛隊配備計画の行方を左右する市議選では、立候補者30人のうち賛否が13対12と拮抗(きっこう)し、5人が慎重姿勢など「その他」の立場。開票の結果、推進、阻止それぞれの勢力がどうなるか注目される。投票は午前7時から。市街地から白保までの12カ所は午後8時まで、それ以外の9カ所は午後7時まで。開票作業は午後9時から市総合体育館メーンアリーナで始まり、夜遅くに大勢が判明する見通しだ。(8、9面に関連)

 陸自配備に関しては、予定地約46㌶の半分を占める市有地23・1㌶の処分に議会の議決が必要。推進派が多数を確保すればスムーズに進捗(しんちょく)するとみられ、逆の場合は頓挫する可能性があるため、どちらの勢力が多数をとるかが最大の焦点となる。

 中山義隆市長を原則支持する与党系は16人、原則不支持の野党系は11人、中立系が3人。

 陸自配備については本紙アンケートに対し、与党系は13人が「賛成」、1人が「その他」、公明2人が「慎重姿勢」、野党系は全員が「反対」、中立系は1人が「反対」、1人が「慎重」、1人が「その他」とそれぞれ回答した。

 賛成する候補は「国防と災害への迅速な対応が可能となる」「尖閣諸島周辺の安全保障環境は厳しく、中国への抑止力となる」「国防は国の専権事項」「自衛隊の機能を最大限発揮できる場所」などと説明。

 反対する候補は「石垣市の平和に貢献しえない」「有事の際にターゲットとなる」「周辺国に対して緊張をあおる」「農地への配備は許されない」「自然環境や水源への影響が懸念される」などとした。

 その他では「地域住民の理解なしに受け入れ表明がなされたことは疑問」「地域住民の合意が得られていない」との指摘があった。

 運動最終日の8日、各候補は最後の訴えに声をからし、夕方以降に事務所や街頭で打ち上げ式などを行い、7日間の戦いを締めくくった。

 市選管によると、有権者数は1日現在、3万8718人(男1万9312人、女1万9406人)。

石垣市議選立候補者(届け出順)

※pdfファイルが別ウィンドウで開きます。

  • タグ: 石垣市議選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム