八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

17年の救急出動2493件 市消防本部

34120.gif

10年前より395件増 人口増などで増加傾向

 石垣市消防本部(宇根規光消防長)の救急出動件数が人口や観光客の増加に伴い増加傾向にあり、2017年は2493件と、10年前より395件(18・8%)増えた。このうち消防署の救急車2台が同時に出動したダブル出動は249件。川平や伊原間出張所の救急車も出動して対応するトリプル出動は8件、4台の同時出動は1件あった。9日の救急の日を前に、宇根消防長は「今後も市民に救急車の適正利用を呼び掛けるとともに、応急処置の講習も継続していきたい」と話した。

 ことしの7月末時点の出動件数は1484件で、前年同期を24件上回り、一日の平均出動件数は6・9件。交通事故者の搬送は78件(同20件増)で、人身事故の増加に伴い増えている。65歳以上の搬送は19件増え673件。搬送人数のうち、21・5%が市外に住所を有する者だった。今後も増加傾向が続くと予測されるが、消防庁が定める整備指針に基づく必要人員算定数に対し、石垣市消防本部の充足率は45・9%で、全国平均の77・4%、沖縄県平均の61%を大きく下回る状態が続いている。 

 また、出動件数のうち、急病によるものが974件と最も多いが、実際に搬送されたのは872件で、100件あまりが搬送する必要のない出動だった。本部は「救急車を呼ぶべきか迷った場合は、全国版救急受診アプリQ助を活用するなどしてほしい」として、救急車の適正利用を呼び掛けている。

 自動体外式除細動器(AED)を設置し、AED使用法講習会の受講者がいる「救急ステーション」は、8月末現在、市内に180カ所。このうち、北西部14カ所を含む15カ所で、2019年3月にAEDの耐用年数が切れる。市街地から遠い北西部では、心疾患など一分一秒を争う緊急時にAEDの有無が生死を分けることがあり、本部は対策を急いでいる。

  • タグ: 石垣市消防本部救急の日
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム