八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

縁あって選挙事務所の内幕を垣間見た。…

 縁あって選挙事務所の内幕を垣間見た。週刊誌風に紹介する▼事務局長が候補者を試す。「一人でつじ立ちできないか」「恥ずかしいな」と及び腰。「やりそうにない、あなただからぜひ」「みんなが言うなら仕方がない」翌日から立っていた▼警察は公明正大に淡々と。街頭宣伝に使う選挙カーの検査。届け出が遅れたぶん初日に間に合わない陣営も。積載看板も大きいのではとの指摘。検査は2日後の月曜日。作り直しになったら大変、そこで夜陰、メジャー片手によその選挙カーの偵察に。皆、小さい。同様な大きさの物を見つけた時には、思わず「ヤッター」。検査日、警察へ出向いたらノンカー(のんびり屋)は他にもいた▼選挙の七つ道具。運動中は携行が義務。未開封のまま車に放り込まれている。開けてみたら船舶、車、拡声器、運動員の腕章10本余、候補者演説中標示のぼりなど許可証類。どの候補も、交付されたまま持参している模様。のぼりのみ陣取り合戦で見かけた▼公選はがき2000枚。近年増えた個人情報不開示。古いデータの使いまわしで故人を見逃すことも。戻らないところを見ると届いた様子。そのかわり、気分を害した支持者の親戚票をとりこぼした可能性あり▼本日は投開票日。当選は候補者の歩数に比例すると見たがいかが。(仲間清隆)

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム